仙寿菜とは

毎日の元気は、バランスの良い食事から。

大人が1日に必要とされる野菜の摂取量は350gと言われており、これは日本人の平均摂取量にもう1皿加えた量に相当します。美濃の特産品「仙寿菜」は他の野菜と比較して、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含み、健康野菜としてお役立て頂けます。

仙寿菜は夏野菜です。収穫期は6月から11月です。

まずは、仙寿菜を知ろう!!              栄養成分(100gあたり)
   仙寿菜 ほうれん草   小松菜 トマト 人参  ピーマン 
 カリウム(mg)  808  690  500  210  280  190
 カルシウム(mg)  203  49  170  7  28  11
 鉄(mg) 1.6  2  2.8  0.2  0.2  0.4
 葉酸(ug)  230  210  110  22  28  26

※仙寿菜には「葉酸」が豊富!!

 葉酸は、新しい赤血球を作り、また胎児の発育に必要な栄養素として知られています。葉酸が不足すると、動脈硬化を引き起こす危険因子である物質(ホモステイン)が増えることもわかっており、生活習慣病の予防に役立つとして注目されるようになりました。

仙寿菜は、抗酸化活性作用が非常に高い野菜

酸化とは簡単にいえば、物が錆びたりくさったりする事をいいます。人間の体も酸化します。人は酸素を取り入れてエネルギーを作り。一部の酸素が化学変化を起こし活性酸素が発生します。活性酸素は、体内に侵入してきた細菌を排除する作用も持っていますが、過剰に活性酸素が発生した場合に、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。その活性酸素を抑えることを抗酸化作用と言います。

 

仙寿菜のレシピはこちら!(^^)!

平成25年度は、「毎月10日は仙寿菜の日」として行いました。

美濃の特産物「仙寿菜」は他の野菜と比較して、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含み、健康野菜としてお役立ていただけることから、平成25年度は毎月10日に仙寿菜を食べることで、理想的な食生活を、目指す運動を行いました。

仙寿(ジュ)菜の「10」から10日を仙寿菜の日にしました。


★は難易度を表します。

★が少ないほど、初心者の方におすすめです。

社員健康   プロジェクトとは

社員健康プロジェクトは、従業員の健康の保持・増進を図るために、ひとりひとりの運動習慣の定着や食生活の改善といった健康的な生活習慣を日々の生活や会社の中に取り入れていただこうとするプロジェクトです。 

お問い合わせ先

美濃商工会議所

☎(0575)33-2168