松鞍山(まつくらやま) 北登山コース 難易度★

 

登り始めから下山まで、約3時間

行程例 北登口コース
松鞍山.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 918.6 KB

松鞍山の山頂には松鞍神社がられています。松鞍神社は、養老3年僧泰燈による創316mの山頂に鎮座し、美濃国神明帳(940)には、正五位下松倉明神とある古社で、祭礼は丑の刻(午前2時)で昭和の始めまで行われていました。境内の石鳥居や狛犬燈龍は大正10年代に大八車と轆轤を利用して引き上げたものです。

北登山口から登りはじめます。

登山口はココ

急な斜面でも登りやすいように足元が整備されています。

 追分地点です。ここまで登山口から15分程度。適度に休憩をとりながら進みましょう。

ここから絶景ポイントの前平山に行きます。


 追分地点から前平山山頂見晴台まで10分足らず。絶景です。美濃の玄関口が一望できます。

 追分まで戻ってきました。松鞍山山頂を目指します。

急な登り降りに優しさが。自信のない方はロープを使って下さい。


 追分地点から比丘尼岩(びくにいわ)まで5

 古来この山は白山信仰修験者の聖地として女人禁制とされ、氏子であっても女性の登山を禁止し、女子は7歳までに参拝させていた事などから、旅の尼僧の物語が伝えられています。

 比丘尼岩(びくにいわ)から10分。頂上にある松鞍神社に到着です。

参拝しましょう。お賽銭はこちらへ。


頂上からの眺めです。

下山します。追分まで行きましょう。追分からは、下松森方面の南登山口に向かって下山していきます。

  10分後、宝泉発見

  古くより農作を天水に頼る村では度々金鞍山へ百燈を上げる(松明行列)雨乞い神事があり、この泉は百日の日照りにも水が涸れることが無かった事から、千代の神水「宝泉」と名付けられたと伝えられています。

  宝泉より10分後、池を見つけました。

  「入って遊んではいけません」

南からの登山口まであと少しです。なだらかな下りが続きます。


池より5分後、南登山口に到着―。お疲れ様でした。北登山口まで戻ります。


★は難易度を表します。

★が少ないほど、初心者の方におすすめです。

社員健康   プロジェクトとは

社員健康プロジェクトは、従業員の健康の保持・増進を図るために、ひとりひとりの運動習慣の定着や食生活の改善といった健康的な生活習慣を日々の生活や会社の中に取り入れていただこうとするプロジェクトです。 

お問い合わせ先

美濃商工会議所

☎(0575)33-2168